読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム会社社員の英語学習日記

TOEIC満点、英検1級合格の会社員の英語学習ブログです。

国連英検特A級を受験してきました

先月は国連英検特A級を受験してきました。2回目です。先ほど自己採点してみたのですが42/80でした。今回も合格ラインには届かないですね。

問題ごとに点数を見てみると結構ばらつきがあることがわかります。点数は順に4, 4, 5, 9, 1, 5, 8, 6点でした。最初の国連の基礎知識のところは全然勉強していないので仕方が無いとして、1点のところはまずいですね。ここは文中の単語と同じ意味の単語を選択肢から選ぶ問題です。この選択肢の単語の難易度が高いんですよ。やはり地味に語彙を増やしていく必要性を感じました。

今回は準備期間が足りなかったのでこの結果は妥当ですかね。前回からあまり変わってないのは問題ですが(笑) 

ここ半年は毎日Economistを辞書引きながら読んでますが、まだまだ足りないのでしょう。英文の難易度自体はEconomistの文章のほうが難しいのですが、試験中はとにかく時間が足りません。

作文込みで2時間。問題は80問。国連の知識を問う問題が10問、文法ミスを探す問題が10問なので、残りの60問が全部長文です。英作文に20分使うので、100分で80問(うち60問は長文)なのでじっくり読んでいる暇はありません。文章自体は全部読めたんですが、問題がこれまた難しくて、軽く読んだだけではすぐにわからないんです。

これに加えて単語が難しいという・・・頑張りがいのある試験ということですね。

最初の国連の知識のところはこちらの本を読んでおけばいいのですが、これがまた面白くないんですよね。Economistの記事は毎日読んでも飽きないんですけど。できれば国連の知識問題は捨てて合格したいものです(笑)