ゲーム会社社員の英語学習日記

TOEIC満点、英検1級合格の会社員の英語学習ブログです。

本の紹介

「お世話になっております」を英語で言えますか

今日はデイビッド・セイン氏の「『お世話になっております』を英語で言えますか」を読んでました。この手の表紙がイラストの英語勉強本は沢山あるのですが、この本は中身の大半が漫画になっているので大変読みやすかったです。 世に沢山あるイラストを適当に…

日本のライトノベルの英語版を読む 続き

年末の休み期間中はこちらのライトノベルの英語版を読んでいました。 ペーパーバックを読むときって、どのくらい辞書を引くか迷いますよね。頻繁に引いた方が勉強にはなりますが、引きすぎると最後まで読み切れない可能性が出てきます。今回は日本語で読んだ…

日本のライトノベルを英語で読む

ここ最近は英語のペーパーバックをあまり読んでいなかったので、買っておいた本を引っ張りだして読んでいます。ペーパーバックを読むときは、どれくらい辞書を引くかが結構ポイントだったりしますよね。スピード重視でまったく引かないのもありですし、わか…

脳が冴える15の習慣

築山節氏の本を読んでいます。こちらも脳の活動を活発にさせて、日々の生活を豊かにしよう、といった内容です。「忙しいときほど机の片づけを優先させよう」 物の整理は思考の整理に通じている。忙しいときほど片づけを優先させよう。これはかなり実感として…

英検1級の自己採点

先週末受験した英検1級の回答速報がネットで公開されていたので、自己採点してみました。うーん、これはひどい(笑)。過去最低を更新してしまいました。ここ最近リーディングをさぼりまくりだったので、それが露骨に出たようです。これは心機一転して一か…

アルク ヒアリングマラソンを始めました

英検の勉強を続けているのですが、それとは別にアルクの「ヒアリング1000時間マラソン」を始めることにしました。一日3時間で一年間のプログラムです。正直、机に向かって3時間はとても無理なので、移動中や仕事中に聞こうと思ってます。うちの職場は…

英検1級語彙・イディオム問題500 3回目終了

今日は出かける用事があったので、この本を電車の中でやってました。3回目が終了して7割ぐらい終わったところでしょうか。あと一回ぐらいは回したほうがよさそうです。この本の後半は英検1級の語彙問題が2セット付いているので、そちらもやってみました…

英検1級英作文 予想問題 続き

英作文の練習として「英検1級英作文 予想問題」を毎日2つずつ書き写しています。試験本番を想定して、本番の試験用紙と同じサイズの紙に書いてます。次の試験までには相当やりこめるんじゃないでしょうか。この本はよくできているんですが、英作文のレベル…

英検1級語彙・イディオム問題500 3週目

「英検1級語彙・イディオム問題500」をぐるぐる回しています。今日で3回目に突入です。3回やって覚えられなかった単語は難易度が高いのでカードにして更に回す予定です。解答に出てくる単語以外にも、知らない単語が例文に含まれているので、そちらもチェ…

英検1級語彙・イディオム問題500

先日購入した「英検1級語彙・イディオム問題500」を進めています。この本は2006年出版ですが、かなりいい本ですね。単語帳でがんばって覚えるよりも、問題を通して覚えていったほうが記憶に残りやすいので助かります。また解説ページの説明がかなり細か…

英検1級 自己採点結果

英検1級の解答速報が出たので自己採点してみました。リーディング 12/25 6/6 20/20リスニング 4/10 7/10 2/10 2/4合計すると正解率62パーセントぐらいなので今回は不合格確定のようです。リスニングのPart3で集中力が途切れてしまったのが痛かった。ここ…

放置してました

英検の勉強で忙しくて、こちらは放置していました。申し訳ないです。英検1級の勉強はTOEICと同じやり方でやってます。ひたすら過去問を解いて、知らない単語が出てきたら単語カードに追加、という方法です。英作文に関しては最近発売された「英検1級 英作…

文法特急2回目終了

文法特急の2回目が終わりました。2回目はあやしいところを何度か音読するようにしています。3回目までは同じやり方でよさそうですね。この本は英文の音声がダウンロードできるようなので、後で落としてみます。最近はネットワーク環境も整ってきたので、C…

9月のTOEIC公式結果と文法特急2

9月のTOEIC公式試験の結果が出てました。L465 R470 T935リスニングはここ最近では最低かもしれません。リーディングは450以上が結構取れるようになってきました。リスニングはちょっと復習すれば伸びるので、点数は取りやすくなってきたんじゃないかな。…

放置してました

すいません。ずいぶんと放置していました。久しぶりに仕事のほうで忙しかったもので。海外出張に行くとか書いておいて応答がないってのはよくないですね(笑ここ最近は海外出張に行ったり、国内のカンファレンスに参加したりとイベント沢山の日々でした。英…

安河内先生・竹岡先生のトークショーに参加しました その3

最後は会場から集めた質問への回答でした。ここの時間が短くて物足りなかったです。あと30分欲しかった!■熟語が覚えられません。いい方法はありませんか? 竹 日本の受験英語の熟語と実際に使われている熟語には相当な差があって困っている。熟語の学習に…

安河内先生・竹岡先生のトークショーに参加しました その2

トークの後は編集さんから先生方への質問コーナーです。■今回の本を選んだ基準は? 安 大変だった。二人で本屋にこもって選んだ。名著よりも自分がやりたいもの、自分の生徒にやって欲しいものを選んだ。竹 英語本には2種類あると思う。すぐに使えて力が付…

安河内先生・竹岡先生のトークショーに参加しました

昨日の夜は新宿ブックファーストで行われたカリスマ英語講師の安河内先生・竹岡先生の「竹岡広信・安河内哲也の この英語本がすごい! 」出版記念トークショーに参加してきました。1時間20分ぐらいの講演でしたが大変刺激になりました。以下、自分用に要点…

ジョークで読む国際政治

今週の読書はこれでした。「ジョークで読む国際政治」はフォーサイトの巻末の国際ジョークのコーナーを編集&追加した本です。内容をいくつか引用しようかと思ったんですが、けっこうどぎついのが多いのでやめておきます。国際政治の知識があると、こういう…

1日1分! 英字新聞エクスプレス 音声ファイル

今日は仕事中に「1日1分! 英字新聞エクスプレス」の音声ファイルを聞いていました。このくらいやさしいと仕事しながらでも結構聞き取れますね。スローとナチュラルの両方入っているのも便利です。書籍のほうも一度通して読んでおかないといけませんね。単…

1日1分! 英字新聞エクスプレス

いつの間にか、このシリーズの新刊が出ていたようです。構成は従来通りで左ページに英文、右ページに解説となっています。これまでと同じく音声ファイルもダウンロードできるようなので重宝しそうですね。最大の欠点は値段かなぁ。270ページの文庫本で7…

スペースシャトルの落日

先週末の読書の続きです。『スペースシャトルの落日』はスペースシャトルがいかに失敗作だったかをひたすら綴るという、ちょっと変わった本です。世間一般では「スペースシャトルすごい!」「再利用でコスト削減!」と言われていますが、実態はまったくウソ…

週末は読書

日曜日は予約しておいた本を図書館から借りてきて読んでました。本を早く読むコツは「借りてきた(買ってきた)その日に読み終えること」らしいですが、これは真実ですよね。これはひっくり返すと、その日に読み終わらないほど沢山買っては駄目ということで…

『ワケありな国境』

GW中は『ワケありな国境』という本を読んでいました。世界中の変わった国境を取り上げて、なぜそのような国境線が引かれたのかを歴史的経緯から説明する本です。昔から気になっていた点がだいぶ分かったのですっきりしました。僕の場合、変な国境というと飛…

ロングテール

今更ですが先ほどクリス・アンダーソンの『ロングテール』を読み終わりました。ベストセラーになっているだけあって得るところが大きいですね。前半の「流通コストがゼロになることによるビジネス形態の変化」は既に知っている内容でしたが、後半の「アマチ…

TOEICと英検の単語

このごろは英会話の合間に「英検Pass単熟語1級」と単語カードを使ったボキャビルをちまちまと進めています。最近、初めて気付きましたが、英検の単語はTOEICと比べてネガティブな単語が多いようです。最初のほうだと「非難する」だけで何個も出てきます。当…

日本人なら必ず誤訳する英文

先週末、神保町の近くに用事があったので、ついでに東京堂書店という本屋に寄ってきました。東京堂書店は本のセレクションがいいんですよね。神保町の3大書店の中では一番小規模ですが、個人的には気に入っています。お客さんも少ないので(笑)静かな環境…

英語の発想がよくわかる表現50

先週は英会話の予習の合間に「英語の発想がよくわかる表現50」という本を読んでいました。 まず初めに、Tom struck me on the head.という英文を考えてみましょう。意味はわかりますね。「トムが私の頭をぶった」ということです。どうしてTom struck my he…

日経TESTと問題集

第4回の日経TESTに申し込みました。6月の横浜で受けます。今度の目標は「上位2桁に入ること」です。なかなか難しそうですが、がんばってみます。試験対策は特にしませんが(笑http://ntest.nikkei.jp/日経TESTというと、ようやく問題集が出ました。これを…

語彙増強

最近、こちらの「アンチバベルの塔」というサイトを見つけました。かなりパワフルなボキャビルの方法ですね。手持ちのロングマン英英でチャレンジしてみたいところですが、さすがに敷居が高そうなので英検一級用の単語帳「Pass単」を買ってきました。最初の…

今さらですが

今更ですが、クリス・アンダーソンの「フリー」を読み始めました。前から買ってあったけど、図書館の本を読んでいたので後回しになっていたのです。そんなに分量もないからすぐに読み終わるでしょう。クリス・アンダーソンといえば、その前の「ロングテール…

借金の底なし沼で知ったお金の味

今度は不動産ディベロッパーと借金の本です。とはいえ不動産ディベロッパーのところはおまけで、大半は無知なフリーターが借金地獄に落ちて、そこからどうやって復活するかという大逆転劇を書いたものです。やっぱり借金は怖いですねえ。投機による借金だか…

グローバルリーダーの条件

図書館の本が溜まっているので読みますよ……。今回は大前研一氏の対談本です。でも、これはちょっとお勧めできないかな。対談形式だけに中身が薄いんですよ。しかもその対談もあまりうまく絡み合っていません。大半のやり取りが片方が相槌を入れるだけで終わ…

ザ・クリスタルボール

『ザ・クリスタルボール』は商品の仕入れに関する本です。よく知らない分野なので読んでみましたが、ストーリー仕立てなので最後まで一気に読めました。今の流通の仕組みはこのような過程を経て作られているんですね。各店舗ごとに在庫を持つという効率の悪…

阪神大震災 自衛隊 かく戦えり

阪神大震災のときの自衛隊の活動記録です。当時は法整備や機材の配備が足りなかったんですね。この本によると、神戸が反自衛隊勢力の強い土地柄だったことも救助活動の遅れの原因の一つだったようです。普段の避難訓練においても自衛隊お断りだったらしく、…

この国を作り変えよう

今週の読書は『この国を作り変えよう 日本を再生させる10の提言』です。中身や提言はそんなに目新しいわけではありませんが、規制改革反対派へのコメントがツボに入ったので、そこを紹介しておきます。 よく、格差を市場経済における弱肉強食の結果だという…

ブラックスワン 上巻読了

とりあえず上巻を読み終わったんですが、すごく感想の書きにくい本ですね。この本が主張している内容の一つに「世の中の物事はそんな簡単にルール化できない」というものがあるので、本自体が理路整然とした構成になっていません。ルール化できないことを説…

ブラックスワン

2009年のベスト経済学本の一つと言われている『ブラックスワン』を読み始めました。先ほどAmazonのレビューを読みましたが、星一つの方のレビューはかなり的を得ているかも。この本、確かに読みにくいです。読みにくいのは翻訳のせいなのか、原文がこう…

『続ける力』

この前読んだ本がよかったので、伊藤真氏の本をまた借りてきました。前の本でもそうでしたが、今回も「ゴールから逆算して考える」という点が取り上げられていました。著者の主催する塾ではかなり初期の段階から実際の試験の問題を解かせます。最終試験の問…

ビジネスで失敗する人の10の法則 続き

部下を遠ざける これは役立つ話だと思うが、第二次世界大戦のとき、ウィンストン・チャーチルは悪いニュースを自分に伝えることだけを任務とする特別の部門をつくっている。どんなことであれ、ありのままの事実を伝えるよう求めたのである。これに対しヒトラ…

ビジネスで失敗する人の10の法則

久しぶりに経営者の書いた本を読んでいます。『ビジネスで失敗する人の10の法則』はコカコーラの元社長の本で、成功するための法則ではなく、その逆の失敗する法則について書かれたものです。まだ途中ですが実例が多くてわかりやすいです。 リスクをとるのを…

最近の読書

相変わらず図書館から大量に借りて読んでいます。いつも貸し出しと予約でいっぱいの状態です。フルに埋めておくと返却期限というプレッシャーがあるので、積読になりにくい気がします。 『マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと』 おバカな犬との愛す…

COURRiER

駅の売店でクーリエ・ジャポンが売っていたので買ってみました。山手線の売店では普通に売ってるんですね。もっと大きな本屋じゃないと手に入らないと思っていたんですが。クーリエ・ジャポンは海外のメディアの記事を翻訳して集めた月刊誌です。記事レベル…

たった1%の賃下げが99%を幸せにする

今日から『たった1%の賃下げが99%を幸せにする』を読み始めました。当初は正社員と非正社員に関する統計を扱った本だと思っていましたが、実際には雇用に関する幅広い問題を扱った本のようです。たとえば最近は「うつ病」になる社員が増えています。長時間労…

最近の音読用教材

最近はライティングの合間に音読をやっています。使っているのはNHKの「入門ビジネス英語ベストプラクティス」です。NHKのラジオ講座だけあって完成度が非常に高いですね。単語&文法解説も丁寧ですし、ビジネス関係のエッセイも付いています。相変わらず発…

雇用の常識 「本当に見えるウソ」

最近の世代間格差や規制緩和に関連した雇用問題は統計データを使ったごまかしが多いようなので、関係しそうな本を何冊か借りてきました。『雇用の常識 「本当に見えるウソ」』は世間一般で主張されている雇用に関する常識を詳細なデータ分析から見直すという…

外国語学習の科学

こちらの本は外国語学習のメカニズムに関する研究を扱った本です。外国語学習のためのノウハウ本というよりは、人間が外国語を学習するときはどのような過程で行われるのか、学習するために必要な要素は何か?など過去の研究成果を元に解説しています。この…

語学で身を立てる

まずは『語学で身を立てる』を読み終わりました。外国語を使った仕事で生計を立てるにはどうしたらいいのか?について書かれた本です。英語以外の言語についても幅広く触れてあるのがポイント高いですね。英語学習法の本には載ってないことが沢山書いてあっ…

英語以外の外国語学習法

今週は図書館から外国語学習法の本を何冊か借りてきました。英語以外の本も有用なことが多いので見逃せませんよね。英語以外の外国語学習一般の本は古い本が多い気がしますが、内容がいいから今でも通用するんでしょう。『わたしの外国語学習法』の翻訳は米…

アニマルスピリット

『アニマルスピリット』をようやく読みました。2009年の経済学の本の中では評判が高かったので、ずっと気になっていたのです。さぞすばらしい本に違いないと思いながら読み始めたのですが、真ん中あたりで頭の中の「?マーク」が点灯し始めました。読み…